• 本

高田馬場アンダーグラウンド

出版社名 駒草出版株式会社ダンク出版事業部
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-909646-12-5
4-909646-12-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 334P 19cm

商品内容

要旨

手塚治虫、江戸川乱歩、「神田川」(かぐや姫)からビニ本、自販機本、ブルセラ、フードルまで、“伝説”はこの街で生まれた。この地を40年追い続けたノンフィクション作家が満を持して放つ、東京の異界シリーズ第5弾!!

目次

第1章 父と陸軍と高田馬場
第2章 ビッグボックス広場の憂鬱
第3章 『神田川』はいかにしてフォークの聖地となりしか
第4章 鉄腕アトムに秘められた高田馬場の謎かけ
第5章 野心ある若者たちはヘアバレーを目指した
第6章 性と死が織りなす街
第7章 伝説の風俗店
第8章 乱歩の下宿屋
第9章 高田馬場女優殺人事件
第10章 父の点鬼簿

著者紹介

本橋 信宏 (モトハシ ノブヒロ)  
1956年埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆内容はノンフィクション・小説・エッセイ・評論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)