• 本

六波羅探題研究の軌跡 研究史ハンドブック

日本史史料研究会ブックス 003

出版社名 文学通信
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-909658-21-0
4-909658-21-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 238P 18cm

商品内容

要旨

承久の乱に勝利した鎌倉幕府が京都六波羅に設置した、「幕府の出先として朝廷を監視し、武家の安全のためにしっかりがんばる」機関とされてきた、六波羅探題。いったい何をしていたのか?わかりやすくまとめてみた!六波羅探題がテーマの、初の一般書。通説と異論。研究史を詳細に跡づけるとその存在と役割が見えてくる。

目次

第1章 戦前の六波羅探題の研究(京畿および関西の諸政をすべ、兵馬のことを総掌する―和田英松の研究
六波羅は京都の重鎮―三浦周行の研究 ほか)
第2章 戦後の六波羅探題の研究―通説の成立(訴訟制度上に占める六波羅探題の地位―佐藤進一の研究
六波羅探題の成立と構造―上横手雅敬の研究 ほか)
第3章 通説に対する異論の展開―本格的研究の開始(「六波羅‐両使制」―外岡慎一郎の研究
公武交渉における六波羅探題の役割―森茂暁の研究 ほか)
第4章 その他の六波羅探題研究(在京人と篝屋番役―五味克夫の研究
在京人とその位置―五味文彦の研究 ほか)

著者紹介

久保田 和彦 (クボタ カズヒコ)  
1955年、神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。学習院大学大学院人文科学研究科修士課程修了、同大学院博士課程で単位取得。専攻は日本中世史(荘園、国衙領、国司制度、北条氏、六波羅探題など)。神奈川県立高等学校教諭を経て、鶴見大学文学部文化財学科、日本大学文理学部史学科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)