• 本

藝人春秋Diary

出版社名 スモール出版
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-910547-01-5
4-910547-01-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 554P 19cm

商品内容

要旨

水道橋博士が紡ぐ、芸能界から政界までの渾身のルポルタージュ。

目次

炎上画伯キングコング西野亮廣
また逢う日まで「尾崎世界観」
またまたまた三又又三
竹下景子とボクのおっさんずラブ
一昨日、明後日の小泉今日子
石原伸晃「おマヌケください!」
天才『那須川天心』
北野武監督術「オイラの定理」
天才アナウンサー・安住紳一郎の穴
ハゲの名は。O倉智昭〔ほか〕

著者紹介

水道橋博士 (スイドウバシハカセ)  
1962年岡山県生まれ。ビートたけしに憧れ上京するも、進学した明治大学を4日で中退。弟子入り後、浅草フランス座での地獄の住み込み生活を経て、1987年に玉袋筋太郎と漫才コンビ・浅草キッドを結成。1990年のテレビ朝日『ザ・テレビ演芸』で10週連続勝ち抜き、1992年テレビ東京『浅草橋ヤング洋品店』で人気を博す。幅広い見識と行動力は芸能界にとどまらず、守備範囲はスポーツ界・政界・財界にまで及ぶ。メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)