• 本

麻薬と紛争 麻薬の戦略地政学

出版社名 三和書籍
出版年月 2002年2月
ISBNコード 978-4-916037-42-8
4-916037-42-1
税込価格 2,640円
頁数・縦 189P 20cm

商品内容

目次

序論 地政学から戦略地政学へ
第1章 麻薬地政学の起源
第2章 麻薬と紛争
第3章 ビルマの麻薬地政学と麻薬戦略地政学
第4章 アマゾンと黄金の三日月諸国戦争におけるコカインとヘロイン
第5章 バルカン、コーカサス、および中央アジアの「新しい紛争」における麻薬
第6章 南北関係と麻薬
第7章 国内地政学、犯罪組織と麻薬国家

おすすめコメント

知られざる麻薬密売ルート。麻薬市場は急速に拡大している。武器と紛争と資金、そして貧困。大国の思惑も複雑にからんで泥沼化する麻薬社会の実態を暴く!!

著者紹介

ラブルース,アラン (ラブルース,アラン)   Labrousse,Alain
麻薬社会学の専門家で、世界の麻薬ネットワークに対する対抗ネットワークの麻薬地政学監視機構(OGD)の創設者である
クトゥジス,ミッシェル (クトゥジス,ミッシェル)   Koutouzis,Michel
民族学者で「麻薬世界地図」の執筆者として有名であり、バルカン・コーカサス地帯の麻薬状況に詳しい
浦野 起央 (ウラノ タツオ)  
昭和30年日本大学法学部卒業。政治学博士。現在、日本大学法学部教授。日本アフリカ学会理事、日本国際政治学会理事、アジア政経学会理事、国際法学会理事歴任、現日本平和学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)