• 本

映画時評集成 2004−2016

出版社名 読書人
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-924671-31-7
4-924671-31-2
税込価格 2,916円
頁数・縦 525P 19cm

商品内容

目次

第1部 映画時評(2004‐2016年)
第2部 五人の映画作家との七つの対話(青山真治監督との対話
黒沢清監督との対話
パスカル・フェラン監督との対話
ギヨーム・ブラック監督との対話
ペドロ・コスタ監督との対話)
第3部 2004‐2016年の映画本回顧
第4部 映画ベスト三〇〇(青山真治監督との対話)(伊藤洋司選 映画ベスト三〇〇
青山真治選 映画ベスト三〇〇)

おすすめコメント

<もくじ> 【第一部 映画時評】  『週刊読書人』で連載された13年間・全155回の「映画時評」(言及された映画・人名はそれぞれ1370本、1280人に及ぶ)  【第二部 五人の映画作家との七つの対話】  ◆青山真治・・・『秋聲旅日記』をめぐって  ◆黒沢清1・・・『映画術』と『LOFT』をめぐって  ◆パスカル・フェラン・・・『レディ・チャタレー』をめぐって  ◆黒沢清2・・・追悼テオ・アンゲロプロス  ◆ギヨーム・ブラック――『遭難者』『女っ気なし』『やさしい人』をめぐって  ◆ペドロ・コスター・・・『ホース・マネー』をめぐって  【第三部 年末回顧】  『週刊読書人』年末特別号「年末回顧」における映画部門評(13年分)  【第四部 青山真治監督・伊藤洋司が選ぶ「映画ベスト三〇〇本」】  青山真治監督との対談(本書のために語りおろし!)それぞれが選んだ「映画ベスト三〇〇」リスト付

著者紹介

伊藤 洋司 (イトウ ヨウジ)  
1969年東京生まれ。筑波大学附属駒場中学校及び高等学校、東京大学文学部フランス語フランス文学専修課程を経て、同大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。また、フランス高等師範学校研究生及びパリ第3大学(新ソルボンヌ大学)博士課程学生としてパリに留学し、パリ第3大学で博士号取得(アポリネール研究による)。現在、中央大学経済学部教授(映画、フランス文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)