• 本

モンテカイロ キプロス・吹きガラスの館

出版社名 キャラバン
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-9903749-5-2
4-9903749-5-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 382P 19cm

商品内容

要旨

キプロスの元取引パートナーが死んだ。こよなく酒を愛し、姑息と妥協を拒んだピズマターリス(頑固野郎)。その生き様から、東地中海の国キプロスの横顔を語る。パンドラの箱の底に一つだけ残ったもの、それがキプロスだ。

目次

第1章 出会いはインシュアッラー
第2章 メゼ(前菜)―キプロス史を少々
第3章 取引のゴングが鳴った!
第4章 インターバル(休戦)
第5章 取引再開 セコンドアウト!
第6章 取引における盛衰
第7章 空白の10年とニコシア展望台
第8章 マグディとの再会
第9章 カリニキタ(おやすみ)
第10章 アディショナルタイム「地中海の方舟」

著者紹介

小川 光一 (オガワ コウイチ)  
1958年7月東京生まれ。慶応高校卒業。慶応大学法学部政治学科退学。1981年に横浜港から船で北欧へ渡る。その後、1990年末に至る期間の多くをインドから中近東・ヨーロッパ方面へ続く陸路間を数往復しながら生活する。90年代に入り有限会社ライコーにて、中近東方面の布物、ガラス製品、香料、インド紅茶等の輸入卸・小売り販売業を営む。現在は不動産開連業。宅地建物取引主任者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)