• 本

100万回生きたねこ

創作絵本

出版社名 講談社
出版年月 1978年
ISBNコード 978-4-06-127274-3
4-06-127274-8
税込価格 1,512円
頁数・縦 31P 25×27cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全8件

  • 100万回生まれかわっては、飼い主のもとで死んでゆく猫。飼い主たちは猫の死をひどく悲しんだが、猫自身は死ぬのなんか平気だった。ある時、猫は誰の猫でもない野良猫となり、一匹の白猫に恋をする…。本当に誰かを愛するということは・・・。

    (2014年3月24日)

  • 100万回生きたねこがいました。100万回死んでもねこは泣きませんでしたが・・・大人の方がプレゼントされることの多い絵本です。大好きな人に読んであげて下さい。

    (2014年3月18日)

  • 初版から30年の永きにわたり読み続けられる佐野洋子さんの名作:::これはひょっとすると大人のための絵本かもしれないけれど とらねこの一代記をあなたもどうぞお試しください

    (2014年1月15日)

  • 妻から紹介された本です。付きあっている時に「読んでみて」といわれて読んだところ、泣けました。いつ読んでも泣けます。涙腺がユルくなったかなぁ。輪廻転生も「愛」あってこそ。

    (2013年11月22日)

  • 愛についてのシンプルだけど、深〜い謎(メッセージ) あなたは、どう読む?? 
    @八重洲ブックセンターブクブク交換

    ※「ブクブク交換」とは・・・
    決められたテーマに合った本を持参して、自己紹介をかねた本の紹介をした後は、本の交換をするという、いたってシンプルなコミュニケーション型ブックトークイベント。「ブクブク交換」公式サイト( http://bukubuku.net/ )

    (2013年7月25日)

  • 印象に残る絵本です。

    20年程前、娘が幼稚園児だった頃、よく絵本を読み聞かせていました。いろいろな絵本の中より「100万回生きたねこ」が今でも印象に残っております。この絵本は、娘に読み聞かせるというよりは、私自身が感動を覚えました。これは完全にラブストーリーであり、大人の為の絵本のように思いました。娘は子供なりにどう感じたか解りませんが、今でも自宅の書棚に残っている1冊の絵本であります。

    (2009年11月21日)

  • 「あいつらもりっぱなのらねこになったな」ここが好きです

    自分以外だれも愛さず、いつも100万回死んでまた生きたことを、自慢していたねこ。白い美しいねこと、子供達を愛して幸せになったねこ。自分が幸せになって初めて、死の辛さがわかったんだなあ。白いねこが死んだ時、私も泣きました。 愛と死を考える本です。   (茂木 ま)

    (2004年12月16日)

  • 生きることの意味を考えさせられる、大人のための絵本

     自分以外の何者も愛することなく人(猫)生を「100万回生きた」ねこが、初めて自分以外の愛するものを見つけ、そしてそれを失う。その時初めて他人のために涙し、その後自分にも死が訪れた時、もう二度と生き返ることはなかった・・・。100万回も生き返ったのは、きっとねこが自分以外の何者も愛することがなく、本当の「人生を生きる」ことがなかったから、二度と生き返ることがなかったのは、他人を愛することを知り、人生を生き抜くことの素晴らしさを知り、本当の意味で「人生を生きた」からではないでしょうか。  この絵本が伝えたいことというのは、大人になって初めて理解できるのではないでしょうか。生きることの意味を考えさせてくれる大人のための絵本です。最高の1冊!

    (2003年4月30日)

他の書店レビューを見る

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

おすすめコメント

小さな子どもも、大人も感動する絵本です。「生きる」ということへの根源的な答えが書かれていて、読み終わった後に、親子で感想や質問をするなど、話し合える一冊です。【4歳から】

出版社・メーカーコメント

幾百万の魂をゆさぶり続ける大ロングセラー100万回死んで、100万回生まれかわったトラねこ。自分しか愛さなかった彼が、はじめて他者を愛したとき……。この世に生まれた意味を問いかける絵本です。