• 本

クロフツ短編集 1

創元推理文庫 106‐19

出版社名 東京創元社
出版年月 1982年
ISBNコード 978-4-488-10619-5
4-488-10619-6
税込価格 1,100円
頁数・縦 312P 15cm
シリーズ名 クロフツ短編集

商品内容

要旨

英国本格派の雄クロフツが満を持して発表した、アリバイ破りの名手フレンチ警部のめざましい業績を綴る21の短編を収めた作品集。「いずれも殺人事件であって、しかも、犯人は必ずまちがいをして、そのためにつかまっている。そのまちがいに、読者が事前に気がつけば読者の勝ち、気がつかなかったら、筆者の勝ちというわけである」と、読者に挑戦状を叩きつける。

著者紹介

クロフツ,フリーマン・ウィルス (クロフツ,フリーマンウィルス)   Crofts,Freeman Wills
1879年アイルランド、ダブリン生まれ。鉄道技師であったが、病を得て長く休養した間に構想した『樽』を1920年に上梓し、好評を博す。1957年没
向後 英一 (コウゴ エイイチ)  
1908年9月生まれ。東大法学部卒。1973年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)