• 本

思考の整理学

ちくま文庫

出版社名 筑摩書房
出版年月 1986年4月
ISBNコード 978-4-480-02047-5
4-480-02047-0
税込価格 572円
頁数・縦 223P 15cm
シリーズ名 思考の整理学

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 人は考える生き物です。だからこそ、考えることの楽しさを満喫してください。短編エッセイのようで読みやすく、考えることが楽しくなります。

    (2014年3月4日)

  • この本のオビが揮ってる、「もと若い時に読んでいれば・・・・」そう思わずにはいられませんでした。さわや書店 松本大介氏と。業界では、既刊、新刊を問わず、いい本を、売るに長けた書店として、ツトに有名である。は兎も角やはり、いい本でした。エッセイはややもすれば、書きなぐり的、思いのままとかある中で、含蓄にとんだ本当に良きとこだけ抽出された、本である。

    (2008年4月7日)

他の書店レビューを見る

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには?自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。

目次

グライダー
不幸な逆説
朝飯前
醗酵
寝させる
カクテル
エディターシップ
触媒
アナロジー
セレンディピティ
情報の“メタ”化
スクラップ
カード・ノート
つんどく法
手帖とノート
メタ・ノート
整理
忘却のさまざま
時の試錬
すてる
とにかく書いてみる
テーマと題名
ホメテヤラネバ
しゃべる
談笑の間
垣根を越えて
三上・三中
知恵
ことわざの世界
第一次的表現
既知・未知
拡散と収斂
コンピューター

おすすめコメント

「テーマは寝かせる」「とにかく書いてみる」といったものから、「忘れる」「捨てる」 という逆説的な思考の整理法まで。さらにノートの取り方、アイディアの出やすい環境など、 独自の思考のエッセンスも披露します。「考える」能力を伸ばすコツを伝授した一冊です。

出版社・メーカーコメント

2014年大学生協 文庫年間ランキング1位 

クリアで明快な外山メソッドが、あなたを思考の本質へ導きます。 累計190万部超(2015年4月時点)のベストセラー作品です。