• 本

RAINBOW 二舎六房の七人 1

ヤングサンデーコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2003年5月
ISBNコード 978-4-09-153031-8
4-09-153031-1
税込価格 545円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 18cm
シリーズ名 RAINBOW

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 「再来年の夏は外に出る事」を唯一の夢として心に抱き、過酷な日々を乗り越えていく。昭和30年、湘南特別少年院の二舎六房に入れられた七人の少年たちを描く壮絶な時代の青春群像!

    (2014年3月18日)

  • 絆の物語

    少年院で出会った少年たちの物語です。それぞれの思いがあり罪を犯したもの、罪をかぶった者たちが、一人の青年に出会い、仲間を人を信じる気持ちを取り戻していき、刑期を終え社会復帰していく、成長物語です。胸が熱くなること間違いなしの作品です!

    (2013年8月19日)

  • 昭和30年代、戦後の厳しい日本で、仲間のために体を張り、心を尽くす7人の男たちの物語。 それぞれの事情を抱え罪を犯した6人の少年は、少年院で出会う。 そこには、まっすぐに生き直そうとする彼らにとっての障害でしかない、不条理な暴力や、辛い出来事が蔓延していた。 しかし、どんな逆境にも負けない一人の男、桜木六郎太、通称アンチャンが6人に、立ち向かう勇気をくれた。 アンチャンと6人には、これからもっと苦しい出来事がいくつもいくつも押し寄せてくる。 しかしその度に7人は、仲間を信じて、仲間のために力を尽くしていく。 こんなにも真摯で熱い友情を、感じられることはそうそう無い。

    (2007年3月6日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2006年 第51回 小学館漫画賞受賞

出版社・メーカーコメント

俺たちは生き残る。いつか必ず外(シャバ)に出る!!昭和30年、湘南特別少年院の二舎六房に入れられた七人の少年たちを描く、壮絶な時代の青春群像。▼第1話/Aftertherain▼第2話/Breakingaway▼第3話/Carryon▼第4話/Downbylaw▼第5話/Eagleflyfree▼第6話/Fallinghigher▼第7話/Goingdown▼第8話/Heartsonfire▼第9話/Inflames●主な登場人物/水上真理雄(マリオ。17歳。女子高生に暴行を加えようとした担任教師に重傷を負わせ、殺人未遂で少年院へ)、桜木六郎太(アンチャン。18歳。マリオたちから慕われる兄貴分。自身の罪状は親殺しらしい)●あらすじ/昭和30年7月。水上真理雄をはじめ、凶悪犯とされる6人の少年たちが、湘南特別少年院に送られてきた。教官から虫ケラのように扱われ、屈辱的な身体検査を受けた後、彼らは二舎六房という部屋に入れられる。そこには桜木六郎太という年長者がいた。マリオたちはいきなり六郎太にケンカをしかけるが、逆に叩きのめされてしまう。だが六郎太は殴り倒しただけでそれ以上は何もせず、さらに煙草をみんなにまわす優しい男だった。それまで馴染みのなかった年長者の優しさに触れ、マリオたちは六郎太を慕いだす(第1話)。●本巻の特徴/まだ敗戦の傷跡が残っていた昭和30年(1955年)の日本。湘南特別少年院の二舎六房に六人の少年が堕ちてきた。大人が起こした戦争のあおりを喰らって心に傷を負い、それぞれの理由で犯罪に手をそめて、社会のクズと蔑まれるようになってしまった少年たち。マリオをはじめとする六人と、そこで出会ったアンチャンこと六郎太との間には、いつしか友情と絆が芽生え、「再来年の夏、外(シャバ)に出る」ことを唯一の、そして大いなる夢として心に抱き、過酷な日々を乗り越えていく。安部譲二・原作、柿崎正澄・作画によるリアリティーあふれる物語の第1集。本巻では、ジョーとスッポンの脱走のエピソードを中心に描かれる。