• 本

きみのカケラ   5

少年サンデーコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2006年1月
ISBNコード 978-4-09-126615-6
4-09-126615-0
税込価格 421円

出版社・メーカーコメント

▼第9〜11章●主な登場人物/イコロ(王家の長女。一度も笑ったことがない表情の欠けた子=「ヒトガタ」)、シロ(過去の記憶をなくし、自分の名前も思い出せない少年。髪の毛が“白い”ので、イコロに命名される。痛みを感じない体をもつ)●あらすじ/政族の集会で“ナマズ”からの映像にイコロたちが映し出され、集会場は騒然。イコロが話し始めようとしたとき、玉の命令でネットワークが遮断される。しかし、イコロはクロを解体してコンピュータに繋ぎ、ネットワークを復活させ、シロや弟・マタクのこと、さらに壁の外にも世界があるかもしれないことなどを話し始めた…(第9章)。●本巻の特徴/“ナマズ”で壁を越えようとしたイコロたちは壁から罰を受け、滅ぼされようとしていた。敵味方関係なく、そこにいる生存者すべてを命懸けで救おうとしたイコロは、ある決死の行動にでる!●その他の登場人物/ヨナ(レジスタンスの少女)、クロ(王家に代々伝わる愛玩人形。わりと皮肉屋)、エリザベス少佐(戦族の将軍の娘。イコロの持ち物である王族の“カケラ”[=ペンダント]を伝説の「ヒトガタ」だと思い込んでいる)、玉(ぎょく。政族の議長。政族を未来へと導く予言者)