• 本

失恋ショコラティエ 1

flowersフラワーコミックスα

出版社名 小学館
出版年月 2009年1月
ISBNコード 978-4-09-132260-9
4-09-132260-3
税込価格 432円
頁数・縦 1冊 18cm
シリーズ名 失恋ショコラティエ

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 製菓学校に通う爽太は、4年前の一目惚れから1つ年上のサエコさんを想い続けていた。
    チョコレート好きの彼女のためチョコ作りの腕を磨き、ついにクリスマス前には初キスも。デートを断られても全くくじけず挑み続ける爽太だったが・・・つきあっていると思っていたのは実は自分だけだったという、人生最大の失恋をしてしまう。ショックのあまりそのままパリに渡った爽太は5年間の修行の後、ショコラティエとして日本に帰ってきた。マスコミでもチョコレート王子と騒がれるも、全ては彼女を振り向かせるため。・・・たとえサエコさんがすでに人妻だったとしても!!この後ストーリーは、爽太の妹、同僚(アニメオタクが残念な超イケメン)、ライバル店のスタッフなどを巻き込んで、片思いのスパイラルへと進んでいきます。ただ甘いだけではない、時には人間の醜い感情も顕わになったストーリーにぐいぐい引き込まれます。この作者の作品は感情表現がとてもリアルなので、普段まんがは読まない、まんがは少し物足りない、という方にもおすすめです。きっと小説を1冊読み終えたような満足感が味わえると思います。もちろんチョコレートに目がない方にもおすすめですよ。

    (2013年3月15日)

商品内容

文学賞情報

2012年 第36回 講談社漫画賞受賞

出版社・メーカーコメント

TVドラマ化、大ヒット!究極の片想いラブ 製菓学校に通う爽太(ソータ)は一つ上のサエコと交際中。4年前の一目惚れから想い続け、去年のクリスマス直前にようやく初キス。大のチョコレート好きな彼女のため、チョコ作りの腕を磨く日々。彼女からタバコの匂いがしても、バレンタインのデートを断られても、全くくじけず挑み続ける爽太だったが…!?