• 本

きのこいぬ

RYU COMICS

出版社名 徳間書店
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-19-950267-5
4-19-950267-X
税込価格 648円
頁数・縦 1冊 19cm
シリーズ名 きのこいぬ

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 今、心が凹んでいる人にオオイニ、オススメ!

    とにかくキャラが可愛いー!ぬいぐるみも売っているらしいですヨ!絵本作家の「ほたる」が庭に生えたピンクのきのこを眺めていたら、モゾモゾと動きだして・・・それはなんと犬!?というところから「きのこいぬ」とほたるの心あたたまる話がすすんでいきます。癒されますよ!(1〜4巻まででています。)

    (2014年3月14日)

  • 絵本作家のほたると、きのこいぬのお話です。幼い頃に両親を亡くし、唯一の家族だった愛犬はなこも亡くなり、いつも寂しそうにしょんぼり、やる気もなくなりつつあった、ほたるの前に不思議ないきもの、きのこいぬが、あらわれます。庭を、ぼんやり眺めていたら、きのこが動きだしました。片耳が桜色をしていて、犬のようで、犬でない きのこいぬ。胞子もだすんです。メロンパンとたこ焼きを食べるようになる きのこいぬ。ほたる のことを大好きで、なんとか励まそうとするところがいじらしくて、なんだかホロリとします。喋らないところが、いいのだと思います。そっと心に寄りそって、癒されます。

    (2013年12月5日)

  • 愛犬を亡くした絵本作家・ほたるの家の庭に生えていたピンク色のきのこが、ある日ふしぎな生き物『きのこいぬ』となってほたるの前にあらわれます。今までのほたると愛犬との想い出の日々をきのこの姿でみつめていた『きのこいぬ』は奔放に、時にずいぶん豪快なやり方でほたるの心を慰めてゆきます。犬というより人間のこどものような愛らしい表情としぐさ、そしてそのふわふわボディが魅力の『きのこいぬ』。ほたると『きのこいぬ』の新しい生活、こっそりのぞいてみませんか?ただいま3巻まで刊行中のコミックです。

    (2012年12月19日)

他の書店レビューを見る

出版社・メーカーコメント

愛犬・はなこを亡くして傷心の絵本作家・夕闇ほたる先生。庭に生えたピンクのきのこを眺めていたら、もぞもぞと動き出したそれは実は犬、「きのこいぬ」だった・・・。著者の師匠である東村アキコさんも感動!東村アキコさんの推薦帯付き。