• 本

YAWARA!  11

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1989年9月
ISBNコード 978-4-09-182111-9
4-09-182111-1
税込価格 524円

出版社・メーカーコメント

素敵な恋に憧れる普通の女の子・猪熊柔は、実は祖父・滋悟郎の指導を受けた柔道の天才少女。そんな彼女がオリンピックの金メダルと国民栄誉賞、そして日本スポーツ界のスーパースターになることを目指す!?▼第1話/最後の一本背負い▼第2話/ムリですか、あたしたち!?▼第3話/日本一弱い柔道部▼第4話/キッパリ!伊東富士子▼第5話/いこかもどろか▼第6話/バカのひとつ覚え▼第7話/ついに富士子さん!▼第8話/秘技“白鳥の湖”▼第9話/瀕死の白鳥▼第10話/来たぞ!勝利の女神▼第11話/あんたが大将▼第12話/もう一度●登場人物/猪熊柔(柔道の天才的な才能を持つ女の子。短大1年生)、松田耕作(柔を追い続けるエブリースポーツ紙記者。柔に想いを寄せている)、猪熊滋悟郎(柔の祖父。過去に柔道全日本選手権を5連覇した)、本阿弥さやか(柔のライバル。本阿弥家の令嬢)、風祭進之介(さやかのコーチ。柔に想いを寄せている)●あらすじ/元世界王者・ジョディの結婚式でのエキシビジョン・マッチで、カナダ柔道界のホープ・クリスティン・アダムスを一本背負いで下す柔だったが、カナダからの帰途、ジョディに柔道を辞めることを打ち明ける(第1話)。▼柔の決心を変えさせようと、柔の同級生・富士子がはじめた柔道部だったが、素人ばかりで稽古にならない。そこで富士子は、柔の祖父・滋悟郎にコーチを依頼する(第2話)。●本巻の特徴/柔を柔道に引き戻そうと、富士子がつくった三葉女子短大柔道部が、女子日本一の筑紫大・女子柔道部と試合をすることになった。素人集団にもかかわらず、大将戦にまで持ち込むが、結局敗れてしまう。しかしそれを見た柔は、柔道を続ける気になる。●その他の登場キャラクター/加賀邦子(第3話)、山田香、筑紫大監督・石倉(第4話)