• 本

少年の残響 1

シリウスKC 705

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-390705-6
4-06-390705-8
税込価格 770円
頁数・縦 218P 19cm
シリーズ名 少年の残響

おすすめコメント

あがり症のエーリヒ、少女のように美しいカルル、そして漠たる不安を打ち消すがごとく歌をうたうミヒャエル……。刹那に輝く硝子のように脆く儚い日々と命、なにが哀しみかもわからぬまま、少年たちは生きていく……。アウゲンブリック少年合唱団。かつては孤児院、今では子供たちに勉強と合唱を教えるギムナジウム。彼らの歌声は、人々へ捧げられる癒やしの調べ。しかしその歌にはもう一つの意味があった、それは――。