• 本

相馬屋原稿用紙 明治中期復刻モデル

相馬屋原稿用紙 2冊セット

出版社名 相馬屋
出版年月 2011年6月
税込価格 943円

⇒詳しくはこちら『神楽坂・相馬屋源四郎商店の原稿用紙』特集

e−hon×相馬屋源四郎商店のコラボレーション!

明治時代中期から作りはじめた「相馬屋製」原稿用紙の初期モデルです。
尾崎紅葉さんをはじめ、同時代の作家たちがこよなく愛し、こぞって用いた逸品です。

A4サイズ、20×20の400文字、1冊30ページの原稿用紙を2冊セットにしてお届けします。

※e−honだけの限定販売になります。


“復刻版”の特徴は・・・

“復刻版”の特徴は・・

神楽坂・相馬屋源四郎商店の原稿用紙

使用している紙は、現在相馬屋さん店頭で販売されている原稿用紙と同様、上質のものを使用。
表面がつるつるしていて引っ掛かりもなく、万年筆、ボールペン、鉛筆など、ペンを選ばず、非常に書きやすいと評判です。

仕事で、文章を書かれる方はもちろん、
趣味で詩や俳句、短歌などを嗜む方にもおすすめです。
贈り物としても喜んでいただけるのではないでしょうか。