• 本

鴉白書

出版社名 東京創元社
出版年月 1991年6月
ISBNコード 978-4-488-02327-0
4-488-02327-4
税込価格 1,572円
頁数・縦 219P 23cm

商品内容

要旨

〈新青年〉誌上に時の人気俳優岡田時彦名義で短編「偽眼のマドンナ」を発表しデビューを飾ったところから筆を起こし、弟温のことは勿論、乱歩、正史、虫太郎、十蘭などわが国探偵文壇を彩る綺羅星の如き大作家たちとの交遊を淡々とした筆致で描く珠玉の随想録。巻末に、九十歳を迎えた文壇長老の著者が新たに書き下ろした会心の短編「鳩の血と鴉の黒」を収録した。幻想的で、かつ滋味溢れる傑作小説である。

目次

探偵横丁下宿人
鳩の血と鴉の黒