• 本

化学者池田菊苗 漱石・旨味・ドイツ

科学のとびら 20

出版社名 東京化学同人
出版年月 1994年5月
ISBNコード 978-4-8079-1260-5
4-8079-1260-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 230,4P 19cm

商品内容

要旨

明治34年5月、池田菊苗は留学先ドイツからの帰途、ロンドンに立寄った。その際、文壇にはまだ無名の漱石・夏目金之助が潜んだ場末の安下宿に、ある事情で池田が同宿した。わずか50日余であったが、同じ文部省留学生とはいえ専門のまったく異なる両人が、すっかり共鳴し、忌憚なく意見を交換した。この池田との交遊は、のちの漱石の『文学論』執筆に大きな影響を与えたという。旨味(味の素)の発見者として後世に名を残した池田菊苗。さらにドイツ文化に心酔した鴎外との関係をもふまえて、日本化学界における彼の活動をいきいきと描く。

目次

プロローグ 池田と漱石とのロンドンにおける出会い
前編 池田の誕生から留学拝命まで(生いたちとその時代
学生時代とその背景
化学者への道をたどる
明治中期のわが国の学界、特に化学界
物理化学界への登場)
中編 留学・漱石との交遊・帰国後の活躍(明治中期の海外留学
ドイツ留学の収穫
漱石のロンドン滞在
二つの知性の出会い
新進教授の活躍と心の動揺)
後編 旨味研究の発想から完成(明治40年の化学と文学の両巨匠
旨味への研究転向決意
旨味の発見から商品化へ
企業研究と理学研究と
夢の完全実現へ)