• 本

言葉の沃野へ 書評集成 上

日本篇

中公文庫

出版社名 中央公論社
出版年月 1996年4月
ISBNコード 978-4-12-202580-6
4-12-202580-X
税込価格 898円
頁数・縦 387P 16cm
シリーズ名 言葉の沃野へ

商品内容

要旨

「書評によって一冊の書物を開いてしまうことができたら、それが書評の快楽だといっていい」(著者)。三島由紀夫、村上龍、村上春樹の小説から『中島みゆき全歌集』、『昭和家庭史年表』まで。思想家吉本隆明はどのような本を読み、どう考えてきたか。その軌跡を克明に記す画期的集成の日本篇。単行本未収録作を新たに増補した決定版。

目次

『三島由紀夫評論全集』
西郷信綱『古事記注釈』
赤坂憲雄『王と天皇』
多木浩二『天皇の肖像』
鷲田清一『モードの迷宮』
丸山静『熊野考』
中沢厚『石にやどるもの』
江藤淳『昭和の文人』
中沢新一『野ウサギの走り』
立花隆『脳死』
村上龍『ニューヨーク・シティ・マラソン』
村上龍『愛と幻想のファシズム』
村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
村上春樹『ノルウェイの森』
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』〔ほか〕