• 本

カラフル

出版社名 理論社
出版年月 1998年7月
ISBNコード 978-4-652-07163-2
4-652-07163-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 275P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 引き込まれる世界観

    私は、文章を読むことがあまり好きではないのですが、この「カラフル」はわずか
    2,3行で引き込まれる世界観があります。文章が苦手な人でも、飽きることなく
    最後までよむことができると思います。内容は、とてもドキドキしてしまう内容で
    どんどん先が気になってしまいスラスラと読めてしまいます。この作品は、映画化
    もしており、「一味変わった小説が読みたい」と思っている人におすすめです。ま
    た、舞台が中学校なので、中学生、高校生の方だとより共感できるのではないかと
    思います。ぜひ一度読んでほしいと思います。(日の出中学校体験学習生 久保木智史)

    (2004年2月4日)

  • 小学高学年〜中学生のマストアイテムかな。

    語られるのは、「家族愛」と「友情」と「生」です。が、よくありがちな説教臭いものではなく、かなりソフィスケートされたソフトタッチな物語です。(だから大人でも読めますし、子供からも絶賛されるんでしょう)テイストは「80年代の少女向けファンタジーコミック」に近いかな。少し小さめの持ちやすいハードカバーに、文字通りカラフルでコミカルな装丁に惹かれたら、お買い上げしてみてください。物語的には、女の子に文句なくお奨めします。逆にやさぐれるような人にはオススメしません。(笑)

    (2003年5月15日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

1999年 第46回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

いいかげんな天使が、一度死んだはずのぼくに言った。「おめでとうございます、抽選にあたりました!」ありがたくも、他人の体にホームステイすることになるという。前世の記憶もないまま、借りものの体でぼくはさしてめでたくもない下界生活にまいもどり…気がつくと、ぼくは小林真だった。ぐっとくる!ハートウォーミング・コメディ。

目録情報

死んだはずのぼくは天使によって,もう一度下界で見知らぬ青年の体にもどることになった…。(ヤングアダルト図書総目録より)

おすすめコメント

自殺した主人公の魂は、一度だけ再生のチャンスを与えられる。その条件は、生きる気力をなくした少年を立ち直らせる事。他人事だと思っていた主人公の心境に、やがて変化が。「本の雑誌」2000年度ベストワンの傑作。