• 本

生命のきずな

出版社名 偕成社
出版年月 1998年12月
ISBNコード 978-4-03-808230-6
4-03-808230-X
税込価格 1,320円
頁数・縦 166P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 本当のライフラインは生命(いのち)と生命とのきずな

    資本主義の発展、科学技術の進歩により、便利で暮らしやすくなりましたが、生きにくくなりました。人のベクトルは自分自身に向かい、それこそが幸福感を抱けないようになっています。A君の相談の手紙に対して、正面から答える返信としての本書は、子どもだけでなく、大人も読むべき名著です。

    (2013年12月5日)

商品内容

要旨

なぜ、勉強するのだろう?自分の生きる道を、どう選ぶか?生命は、なぜ尊いのか?人間(自分)とは何か?そして、どう生きるか?―21世紀に生きる若ものたちへ。

目次

1 はじめに―わかれ道(A君からの手紙
A君へ
私の人生選択 ほか)
2 失われた生命のきずな(スフィンクスの謎
いま思春期を問う
無機的社会の思春期―ラブよりマネー ほか)
3 ライフ・ラインを創る(一人ひとりちがうこと
不完全であること
生命は自分を創る ほか)

出版社・メーカーコメント

人間はどう生きるか? 生命のきずな(ライフ・ラインの構築)の大切さを語る、21世紀に生きる若者たちへのメッセージ。