• 本

銀幕の東京 映画でよみがえる昭和

中公新書 1477

出版社名 中央公論新社
出版年月 1999年5月
ISBNコード 978-4-12-101477-1
4-12-101477-4
税込価格 946円
頁数・縦 270P 18cm

商品内容

要旨

東京の町並は、関東大震災や大空襲を経て高度成長期に至り、かつての面影を殆ど留めないまでに変貌してしまった。今は失われた東京には、都電が縦横に走り、堀や川、それに架かる橋をめぐって人々が往来した。未舗装の道路、狭い路地、煙突、広告塔。消えたものは枚挙にいとまがない。本書は、黄金時代の日本映画に記録されていた東京の風景を集め、昭和二、三十年代の細部を再現しようとした、懐かしの東京時間旅行の試みである。

目次

1 東京の映画(「東京物語」
「流れる」
「洲崎パラダイス赤信号」
「『春情鳩の街』より渡り鳥いつ帰る」 ほか)
2 映画の東京(有楽町
新橋界隈
上野
浅草 ほか)