• 本

タガメはなぜ卵をこわすのか? 水生昆虫の〈子殺し行動〉の発見

わたしの研究 7

出版社名 偕成社
出版年月 1999年10月
ISBNコード 978-4-03-634670-7
4-03-634670-9
税込価格 1,320円
頁数・縦 158P 22cm

商品内容

文学賞情報

2000年 第47回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

水族館に勤める著者は、あるとき、水生昆虫の展示を思い立ちました。魚類の専門家ではあっても、昆虫のことは子どもと同じくらいしか知らない、著者の奮闘がはじまりました…。やがて、水生昆虫の王者、タガメの繁殖にも成功し、そのタガメの生き方を研究するうちに、生物学上の大発見をも為し遂げます…。研究には、知識ではなく、“やってみよう”という意欲や、“なぜ”と思う好奇心が、もっとも大切なことを、みごとに伝える本。

目次

1 だれもやっていないこと―タガメの展示
2 タガメをさがす
3 タガメを飼育する
4 研究のはじまり―なぜ、タガメのおすは、卵におおいかぶさるのか?
5 水槽での観察―おすはなぜ、くりかえし交尾をするのか?
6 おすが卵にしている『よいこと』とはなんだろう?
7 昼間も保護をする
8 タガメの敵は?
9 野外でたしかめてみよう
10 卵こわしをしないアメリカのタガメ
11 なぜ、おすが保護するのか?
12 『タガメの里』をつくろう