• 本

木村蒹葭堂のサロン

出版社名 新潮社
出版年月 2000年3月
ISBNコード 978-4-10-315521-8
4-10-315521-3
税込価格 6,160円
頁数・縦 758P 22cm

商品内容

要旨

画家、文人、学者ばかりでなく実力大名や外人たちまでが交流を求め、支援を惜しまなかった木対蒹葭堂世粛とはどのような人物なのか?幕府に睨まれながら、自邸を知識人たちの集まるサロンとしたり、あるいは書画や本草学・医学・蘭学の貴重な文物や標本を蒐集する私設博物館のようにした。いったいそこにはどのような人物が来て、どのような交流がおこなわれたのか?畢生の史伝大作、遺稿を加え完成。

目次

出会いと意図
誕生と生長
蒹葭堂開館
諸家の蒹葭堂記
補遺一束
日記開始
交遊の拡大
世粛と蘭学
蒹葭堂全盛
酒造違反と伊勢引退
文人画家世粛
学芸界の人々
晩年と終焉
歿後と後世