• 本

概説日本服飾史

出版社名 光生館
出版年月 2000年3月
ISBNコード 978-4-332-10044-7
4-332-10044-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 143P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

本書は、既刊の『日本服飾史』(今は亡き谷田閲次との共著、光生館発行)の簡約版としてまとめたものです。このたび良き協力者を得てまとめることができました。簡約版とはいうものの、図版をかなり変え、時代を現代まで下げて述べてあり、共著者の個性も出ています。

目次

1章 魏志倭人伝と埴輪の服飾―弥生時代から古墳時代
2章 服制のはじまり―飛鳥時代から奈良時代
3章 唐風から和様へ―平安時代
4章 武家服飾の確立―鎌倉時代から安土桃山時代
5章 小袖の開花―江戸時代
6章 洋服の浸透と和装の変化―明治・大正・昭和初期
7章 世界のモードの中で―第二次大戦前後から現代

目録情報

実物遺品,文学作品,文献史料等を手掛りにして服飾の歴史を考える。(歴史図書総目録より)

著者紹介

野口 ひろみ (ノグチ ヒロミ)  
山脇学園短期大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)