• 本

熱力学 現代的な視点から

新物理学シリーズ 32

出版社名 培風館
出版年月 2000年4月
ISBNコード 978-4-563-02432-1
4-563-02432-5
税込価格 3,850円
頁数・縦 302P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は、新しい構想にもとづく現代的な熱力学のテキスト・参考書である。熱力学をできるかぎり見通しよくかつ論理的に理解することを目指し、伝統的な方法とは異なるアプローチをとる。すなわち、マクロな仕事を主役にする操作的な視点から熱力学全体をとらえ、等温での操作(第二法則)と断熱下での操作(第一法則)をそれぞれ議論したあと、両者を統一する枠組をさがすことで、自然に熱力学の全体像に到達する。理解が困難といわれるエントロピーについても、「エントロピー原理」を中心に明解で生き生きとした位置づけを行なっている。初学者はもとより、すでに熱力学を学んだ読者にも深い理解が得られる最適な書である。

目次

1 熱力学とはなにか
2 平衡状態の記述
3 等温操作とHelmholtzの自由エネルギー
4 断熱操作とエネルギー
5 熱とCarnotの定理
6 エントロピー
7 Helmholtzの自由エネルギーと変分原理
8 Gibbsの自由エネルギー
9 多成分系の熱力学
10 強磁性体の熱力学