• 本

鴎外の坂

新潮文庫

出版社名 新潮社
出版年月 2000年7月
ISBNコード 978-4-10-139022-2
4-10-139022-3
税込価格 692円
頁数・縦 451P 16cm

商品内容

要旨

団子坂、無縁坂、S坂、暗闇坂…。軍医・小説家として、一家の期待を一身に背負いながら、栄光の道を歩んだかに見えた明治の文豪は、実は起伏の激しい人生の坂を登り降りしていた!向島、千住、上野、千駄木など、彼が暮らした東京各地を丹念にたどり直しながら、ドイツへの留学、離婚と再婚、嫁姑の不和、茉莉ら子供たちとの生活など、家族や友人との人間模様を描く力作評伝。

目次

プロローグ 『青年』が歩く
第1章 向島の家―喜美子の眼
第2章 宿場の医者―千住 橘井堂医院のこと
第3章 わが旧妻なり―赤松登志子のこと
第4章 千朶山房―太田の原の家
第5章 君に見せたきものあらば―三木竹二小伝
第6章 市隠の居処―団子坂観潮楼
第7章 無縁坂の女―玉とせき
第8章 二つの家―しげのこと
第9章 耀く日々―子どもたちの地図