• 本

文学的アメリカの闘い 多文化主義のポリティクス

出版社名 松柏社
出版年月 2000年5月
ISBNコード 978-4-88198-935-7
4-88198-935-9
税込価格 2,970円
頁数・縦 304P 19cm

商品内容

目次

1 人種と民族(“身体”の復権を求めて―バーナード・マラマッドの『修理屋』にみる闘い
踊る女たち/撃つ男たち―トニ・モリスン『パラダイス』の戦争と平和 ほか)
2 現代社会と人間(抑圧との闘いと“小説崩壊”の関係―トマス・ピンチョンの『重力の虹』
50年代インヴェージョン・ナラティヴの敵―ロバート・A・ハインラインの『人形使い』と『宇宙の戦士』 ほか)
3 ジェンダーの闘い(教授と女子学生の権力ゲーム―デイヴィッド・マメットの『オレアナ』を読む
男性性の証明というパラドックス―ウィリアム・フォークナーの『兵士の報酬』 ほか)
4 戦争と人間(アメリカ神話の復活―ノーマン・メイラーの『裸者と死者』
奴隷制の終焉と黒人の葛藤―ウィリアム・フォークナーの『征服されざる人びと』)
5 自然との闘い、その他(“自然と人間”の調和と闘い―スタインベック『知られざる神に』というネイチャーライティング
フォークナーの血をめぐる闘い―『響きと怒り』と『死の床に横たわりて』を中心に ほか)