• 本

わかりやすい介護保険法

新版

有斐閣リブレ 37

出版社名 有斐閣
出版年月 2000年5月
ISBNコード 978-4-641-07751-5
4-641-07751-7
税込価格 1,045円
頁数・縦 142P 22cm
シリーズ名 わかりやすい介護保険法

商品内容

要旨

長期化・重度化する介護を社会全体で支える介護保険と、判断力が不十分な人の意思や自己決定を重視する新しい成年後見制度…本書では、「高齢社会・日本」の車の両輪となる2つの制度の関連など新しい問いを加えて、介護保険の全容を利用者の目線から具体的にやさしく解説しました。

目次

介護保険法がつくられた背景や理由は何ですか
介護サービスの財源について、公費(税金)ではなく、なぜ社会保険で対応することとしたのですか
介護保険制度の創設のねらいとその仕組みをわかりやすく教えて下さい
介護保険の被保険者の範囲はどのようになっているのですか。高齢者は全員被保険者になるのですか。また、外国人も対象になるのですか
介護保険の給付内容はどうなっていますか。要介護者と要支援者では受けるサービスに違いがあるのですか
在宅で受けられるサービスについてその内容を具体的に説明して下さい。また、介護者が現金で保険給付を受け取ることができるのですか
施設サービスの内容を具体的に説明して下さい。養護老人ホームや一般の病院でも介護保険の給付を受けることができるのですか
有料老人ホームにいてもサービスを受けられますか。その場合、ホームに支払っていた介護金は返還してもらうことができるのですか
介護保険の給付を受けていると、医療保険の給付は受けられなくなるのですか。介護保険と医療保険の関係を説明して下さい
介護サービスを受けるにはどのような手続きが必要なのでしょうか。家族や他の人が申請をしてもよいのですか〔ほか〕