• 本

20世紀の忘れもの 〈あした〉につづく48の記憶

出版社名 つむぎ出版
出版年月 2000年8月
ISBNコード 978-4-87668-122-8
4-87668-122-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 281P 21cm

商品内容

要旨

二度の大戦、その後の復興、高度経済成長…。さまざまな出来事にもまれながら、歴史の目撃者として笑い、泣き、あなたが生きた20世紀。そこで何があったか。ただすべきこと、受け継いで行きたいもの―関西を中心にこの100年の航跡をたどり、時代を彩った光と影を検証して、新世紀へのよすがとしたい「あした」につづく48の記憶。

目次

猛進日本。加速の宴―大阪万博。「動く歩道」に未来が見えた 1970(昭和45)年
泡の夢、深手再び―金融恐慌。大臣失言ではじけた 1927(昭和2)年
世相食べた新・漫才―エンタツ・アチャコ電波進出 1934(昭和9)年
失意の戦後に光―湯川博士にノーベル賞。日本がわいた 1949(昭和24)年
心のヤミ。解けぬ謎―古都の国宝・金閣に徒弟僧が火を放った 1950(昭和25)年
民力全開。街に息吹き―中之島公会堂落成。北浜がまぶしかった 1918(大正7)年
歓喜の花や。御堂筋―南海日本一。巨人やっつけた! 1959(昭和34)年
黒い海。成長の断末魔―水島の重油流出。瀬戸内が泣いた 1974(昭和49)年
希望運んだ大動脈―「青いひかり」新幹線走る 1964(昭和39)年
いきいき女王ワオ―列島うきうき「東京ブギウギ」 1948(昭和23)年〔ほか〕