• 本

空の色

出版社名 ピエ・ブックス
出版年月 2000年11月
ISBNコード 978-4-89444-146-0
4-89444-146-2
税込価格 2,640円
頁数・縦 1冊 22×27cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 実際に見てみたくなります

    自然の写真、世界の町の写真などいろいろ取り揃えていますが、中でも私のおすすめはこの本。様々な空を集めた一冊で、こんな色の空があるのかとハッとさせられる写真が沢山収録されています。どの空もとても綺麗な色で何気なく眺めているだけでも楽しめます。贈り物にもぜひ!

    (2014年3月18日)

商品内容

要旨

空を見るのがもう習慣になっていて東京にいても「今日の雲はいいからどこか広い所に行こうかな」って思っちゃうんだよね。気がついたらいつも雲ばかり見てる。忘れられない空の写真集。

著者紹介

HABU (ハブ)  
羽部恒雄(はぶつねお)。1955年東京都中野区生まれ。慶応義塾大学商学部卒。10年間のサラリーマン生活の後写真家に転身。オーストラリアを中心に風景写真を撮り始める。以来、“心を癒す雲の風景”をテーマに定期的に写真展を開催している。現在、東京都三鷹市在住。写真集に「雲の言葉」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)