• 本

都市と緑地 新しい都市環境の創造に向けて

出版社名 岩波書店
出版年月 2001年1月
ISBNコード 978-4-00-024117-5
4-00-024117-6
税込価格 4,968円
頁数・縦 358,27P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「都市の肺」とも呼ばれ、市民の憩いの場であり、都市環境にとって重要な意味をもつ緑地は、近代都市が形成される中で如何に生まれ、現在に至ったのか。欧米における公園の誕生と発展、近代日本への導入とその後の展開を検討し、緑地を都市の社会的共通資本と位置づけることで、二一世紀の都市環境の姿を提示する。

目次

序章 近代都市の形成と緑地
第1章 近代公園の誕生
第2章 パークシステムの展開
第3章 総合計画としての都市計画へ
第4章 地域計画とグリーンベルト
第5章 日本の都市計画と公園緑地
第6章 社会的共通資本としての緑地

著者紹介

石川 幹子 (イシカワ ミキコ)  
宮城県生まれ。1972年東京大学農学部卒業、76年ハーヴァード大学デザイン学部大学院卒業、94年東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。工学院大学建築学科教授を経て、現在、慶応義塾大学環境情報学部教授。農学博士、技術士(都市及び地方計画)。専攻は環境デザイン、都市環境計画。担当した設計・計画に、長崎市中島川公園基本設計、放射5号線の地下化に伴う新宿御苑再生設計、都立武蔵野中央公園設計、長岡造形大学ランドスケープ設計、埼玉県緑のマスタープラン等がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)