• 本

怪奇鳥獣図巻 大陸からやって来た異形の鬼神たち

出版社名 工作舎
出版年月 2001年1月
ISBNコード 978-4-87502-345-6
4-87502-345-6
税込価格 3,456円
頁数・縦 150P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

不可思議な鳥獣、異様異体の鬼神たちが次々に登場する「怪奇鳥獣図巻」は、江戸の無名の絵師によって描かれた極彩色の絵巻物。中国古代の奇怪な博物誌『山海経』からの引用を中心としつつ、来歴不明の「妖怪」たちも少なからず顔を見せる。古代中国と江戸期日本のイマジネーションが交差する幻の妖怪絵巻の全貌をオールカラーで初公開。

目次

精衛
数斯
駝鶏
長尾鶏
神陸
比翼鳥
燭陰
帝江
天馬
白鹿
天狗
当康
龍馬〔ほか〕

著者紹介

伊藤 清司 (イトウ セイジ)  
1924年(大正13年)岩手県に生まれる。慶応義塾大学文学部卒。慶応義塾大学教授、同言語文化研究所長を経て、現在、慶応義塾大学・雲南大学名誉教授。専攻は中国古代史、民族学。著書に『日本神話と中国神話』(学生社)、『中国の神獣悪鬼たち』(東方書店)、『昔話伝説の系譜』(第一書房)、『中国古文化与日本』(雲南大学出版社)、『死者の棲む楽園』(角川書店)等がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)