• 本

人名の世界地図

文春新書 154

出版社名 文藝春秋
出版年月 2001年2月
ISBNコード 978-4-16-660154-7
4-16-660154-7
税込価格 858円
頁数・縦 309P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

バーンスタイン、カラヤン、ニュートン―私たちがふだん何気なく聞きながしている人名のなかには、民族、宗教、英雄伝説の長い歴史が眠っている。またときには、「醜い頭」「曲った鼻」というあだ名が、なぜかそのままケネディ、キャメロンという姓になってしまうこともあった。音楽家のバッハはどうして「小川さん」なのか、シャガールという姓にこめられた秘密とは何か?三千年にわたる人名の謎を解き明かすタイムカプセルが、いま開かれる。

目次

第1章 名前にこめられた意味
第2章 聖書がつくった人名の世界地図
第3章 ギリシア・ローマ―失われたものの伝説
第4章 花と宝石に彩られた女性名の反乱
第5章 コナー、ケヴィン―ケルト民族は生きている
第6章 ヴァイキングたちが運んだ名前
第7章 名前でも迫害されたユダヤ民族
第8章 姓氏でわかった中国三千年史
第9章 先祖の名とともに生きる朝鮮半島の人たち
第10章 アジア・アフリカの人名地図
第11章 黒人奴隷に押しつけられた名前
大索引 人名は「意味」の宝庫

おすすめコメント

聖書がつくった人名の世界地図、ギリシア・ローマ―失われたものの伝説などの章でおくる、いま明かされる三千年にわたる人名の謎。