• 本

片想い

出版社名 文藝春秋
出版年月 2001年3月
ISBNコード 978-4-16-319880-4
4-16-319880-6
税込価格 1,980円
頁数・縦 379P 20cm

商品内容

要旨

帝都大アメフト部のOB西脇哲朗は、十年ぶりにかつての女子マネージャー日浦美月に再会し、ある「秘密」を告白される。あの頃の未来にいるはずの自分たちは、変わってしまったのだろうか。過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描く傑作ミステリー。

おすすめコメント

週刊文春連載中より大反響をよんだ問題作。「秘密」「白夜行」に続く待望の長編ミステリー。旧友美月と再会した哲朗は、彼女が性同一障害で現在は男として暮らしていると告白される。美月には他にも大きな秘密を抱えていた・・・・・

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。著書に「同級生」「変身」「分身」「鳥人計画」「むかし僕が死んだ家」「パラレルワールド・ラブストーリー」「天空の蜂」「毒笑小説」「名探偵の掟」「悪意」「探偵ガリレオ」「百夜行」「予知夢」等があり、多彩な作風で活躍しつつ、意欲的な挑戦を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)