• 本

梁塵秘抄とその周縁 今様と和歌・説話・物語の交流

出版社名 三省堂
出版年月 2001年5月
ISBNコード 978-4-385-35984-7
4-385-35984-9
税込価格 10,450円
頁数・縦 342P 22cm

商品内容

要旨

現存最大の今様集に『梁塵秘抄』がある。しかし、音楽的実態や歌謡作者がほとんど知られない上、資料もとぼしいため、研究は困難な状況にある。その資料のとぼしさこそが、今様の置かれていた文学的位置を端的に示すものでもあろう。しかし、歴史上のある一時期、今様は確かに歌われていた。今様がどのような時代背景に育ち、他のジャンルの文学とどのように関わっていたかを明らかにする。

目次

第1章 和歌と今様(歌人と今様(寂蓮をめぐって
道因をめぐって)
歌語と今様―「柴車」をめぐって ほか)
第2章 説話・伝承と今様(俵藤太伝承と「藤太巫女」の今様―『梁塵秘抄』配列の背景の一例として
崇徳院怨霊と今様―『梁塵秘抄』今様の成立時期にふれて ほか)
第3章 物語と今様(『堤中納言物語』と今様―「虫めづる姫君」の生成圏をめぐって
『源氏物語』と今様(源氏古注釈における今様享受をめぐって
近江の君の人物造型をめぐって))
終章 猿楽と今様―『鳥獣戯画』にふれて

著者紹介

植木 朝子 (ウエキ トモコ)  
1967年生まれ。お茶の水女子大学文教育学部国文学科卒業、同大学院博士課程人間文化研究科比較文化学専攻単位取得。お茶の水女子大学助手を経て、現在、十文字学園女子短期大学助教授。博士(人文科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)