• 本

かまくらで文学を考える

出版社名 愛育社
出版年月 2001年6月
ISBNコード 978-4-7500-0240-8
4-7500-0240-2
税込価格 1,944円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

高質な抒情詩人の宿命。

目次

運命の鎌倉―中原中也
花籠が空中にゆらめき―中原中也と小林秀雄
比企ヶ谷の憂愁―国木田独歩
東慶寺の文化人―小林秀雄と高見順
参禅、近代的知の悲劇―夏目漱石
青春の混乱と彷徨―『文学界』の青年たち
ほろびの美―川端康成『千羽鶴』
迫り来る跫音―川端康成『山の音』
私小説作家の選択―葛西善蔵
老いたる尼の嘆き―阿仏尼『十六夜日記』

著者紹介

山口 博 (ヤマグチ ヒロシ)  
静岡市に生まれる。国学院大学文学部卒業。日本近代文学会会員。現在、鎌倉女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)