• 本

子どもと性被害

集英社新書 0095

出版社名 集英社
出版年月 2001年8月
ISBNコード 978-4-08-720095-9
4-08-720095-7
税込価格 756円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

子ども時代に性被害にあった人は驚くほど多い。小説「永遠の仔」のヒット、多発する少女の誘拐や監禁事件などをきっかけに、子どもに対する性暴力の影響の大きさが取り上げられるようになってきた。これまで「いたずら」などと表現されてきた行為が被害者のこころに及ぼした深い傷を、インタビューによって検証し、それをどのように癒していくか、また親として今すぐとれる防衛策は何か、そして社会全体としていかに発生を防ぐかまでを力強く提言するルポルタージュ。

目次

第1章 語られ出した性被害
第2章 封印された犯罪―性的虐待とは何か
第3章 性的虐待の加害者とは
第4章 心の傷を乗り越えるために―語ることを通じて
第5章 サポーターには何ができるか―サバイバーとともに生きるために
第6章 性的虐待の根絶のために―法律に求められるもの
第7章 性的虐待のない社会をめざして―私たちができること、やるべきこと

出版社
商品紹介

深刻な後遺症を被害者に与え続けるこの犯罪。どう発生を防ぎ、被害者を立ち直らせるか。具体的提案に満ちた保護者必読の書。

出版社・メーカーコメント

子どもが性被害にあう事件が増えている。深刻な後遺症を被害者に与え続けるこの犯罪から、私たちは子どもを守れるのか!? どう発生を防ぎ、被害者を立ち直らせるか。具体的提案に満ちた保護者必読の書。

著者紹介

吉田 タカコ (ヨシダ タカコ)  
1969年、岩手県盛岡市生まれ。岩手大学人文社会科学部で心理学、社会心理学を学ぶ。フリーライター。編集者として雑誌記事、インターネットでのコンテンツ制作をてがけながら、性暴力が子どもにもたらす影響に関心を持ち、専門的な情報収集を重ねてきた。このテーマでの講演活動もおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)