• 本

ビスホスホネートと骨疾患 基礎から臨床へ

出版社名 医薬ジャーナル社
出版年月 2001年8月
ISBNコード 978-4-7532-1904-9
4-7532-1904-6
税込価格 4,730円
頁数・縦 245P 21cm

商品内容

目次

1 骨とミネラルの代謝(骨の生理学)
2 前臨床におけるビスホスホネート(薬として開発された背景
化学
作用 ほか)
3 ビスホスホネート―臨床(パジェット病
骨吸収性の腫瘍随伴性骨疾患
腫瘍以外の原因で起こる高カルシウム血症 ほか)
4 商品化されているビスホスホネート(国別一覧)

著者紹介

森井 浩世 (モリイ ヒロトシ)  
1933年兵庫県に生まれる。1958年東京大学医学部医学科卒業。1959年東京大学第三内科(冲中内科)入局。1964年東京大学大学院第一臨床医学課程終了、医学博士号取得。1964年Rice大学(Houston、Texas)講師(生物学部)。1966年Wisconsin大学(Madison、Wisconsin)研究員(生化学部)。1970年東京大学助手。1971年大阪市立大学講師(医学部第二内科)。1974年大阪市立大学助教授(医学部第二内科)。1984年大阪市立大学教授(医学部第二内科)。1994〜1996年大阪市立大学医学部附属病院長。1999年大阪市立大学名誉教授、現在に至る
篠田 壽 (シノダ ヒサシ)  
1942年東京都に生まれる。1967年東京医科歯科大学歯学部卒業。1968年東京医科歯科大学歯学部歯科薬理学講座助手。1976年歯学博士。1977〜1979年日本学術振興会国際派遣研究員(スイス・ベルン大学病態生理学研究部門)。1979年東京医科歯科大学難治疾患研究所実験薬理学部門助教授。1989年東北大学歯学部歯科薬理学講座教授。2000年東北大学大学院歯学研究科口腔生物学講座歯科薬理学分野教授、現在に至る
稲葉 雅章 (イナバ マサアキ)  
1955年大阪府に生まれる。1978年大阪市立大学医学部卒業(医師免許下附)。1982年大阪市立大学大学院医学研究科内科系修了(医学博士)。1982年大阪市立大学附属病院臨床研究医。1983年大阪市立大学第二内科学教室助手(1988〜1990年ウイスコンシン大学生化学(HF DeLuca教授)留学)。1993年大阪市立大学第二内科学教室講師。1999年大阪市立大学第二内科学教室助教授、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)