• 本

ぼくのせかいをひとまわり

評論社の児童図書館・絵本の部屋

出版社名 評論社
出版年月 2001年10月
ISBNコード 978-4-566-00728-4
4-566-00728-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 1冊 18×21cm

商品内容

要旨

『おやすみなさいおつきさま』が出版されて2年後、マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードは、ふたたび共同で絵本を作りました。それが、この『ぼくのせかいをひとまわり』です。あのうさぎくんの、身近な世界がえがかれています。“おおきなみどりのへや”の外、小さなうさぎくんの世界をたのしんで。

著者紹介

ブラウン,マーガレット・ワイズ (ブラウン,マーガレットワイズ)   Brown,Margaret Wise
1910年、アメリカ合衆国のブルックリンに生まれる。ヴァージニア州のホリンズ・カレッジに進んだ後、1935年、バンク・ストリート教育大学に入学。ここで子どものためのお話を書き始め、それを自分の天職と考えるようになる。その後、スコット社の編集者となり、100冊以上もの子どもの本を世に送り出した。クレメント・ハードの挿絵で出版された『おやすみなさいおつきさま』(評論社刊)は、50年以上たった現在もなお、子どもたちに愛されつづけ、合衆国では1000万部を超えるベスト・セラーとなっている。1952年没
ハード,クレメント (ハード,クレメント)   Hurd,Clement
1908年、アメリカ合衆国のニューヨークに生まれる。エール大学に進み、1931年、フランスに渡って、画家の道を志す。フェルナン・レジェに師事し、大胆な構成と色使いの画風を身につける。自身の絵本のほか、多くの作家の挿絵を描く。後に結婚した作家のイーディス・サッチャー・ハードとともに、子どもの本を多く作った。1988年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)