• 本

炎の秘密

出版社名 講談社
出版年月 2001年11月
ISBNコード 978-4-06-210996-3
4-06-210996-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 211P 20cm

商品内容

文学賞情報

2002年 第49回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

アフリカの美しい小さな国モザンビーク。打ち続く内戦で、家を焼かれ、父を殺されたソフィアは、ようやくたどりついた村で「地雷」を踏み、最愛の姉マリアは死に、じぶんも両足をもぎとられる。耐えがたい痛み、家族と引き離される孤独、絶望…。だが、ソフィアはどん底のなかでも勇気を失わず、見えない両足でアフリカの大地にすっくと立ちあがるのだった。12歳の実在の少女ソフィアに起こった、そして今も世界中で起こりつつある地雷の悲劇を描いた現実の物語。

出版社
商品紹介

地雷が奪えなかった少女の魂。内戦下で家を焼かれ父を殺された少女もまた地雷を踏んで両足をもぎとられる感動の実話。

出版社・メーカーコメント

地雷が奪えなかった少女の魂。感動の実話。世界の最貧国の一つモザンビーク。内戦下で家を焼かれ父を殺された少女ソフィア、彼女もまた地雷を踏んで両足をもぎとられる。実話をもとに描かれる不屈の物語!

著者紹介

マンケル,ヘニング (マンケル,ヘニング)   Mankell,Henning
1948年生まれ。現代スウェーデンを代表する人気作家。児童向けから大人ものの推理小説まで幅広い作品を発表。’80年代半ばからモザンビークの劇団の支援を始める。『少年のはるかな海』(偕成社)でニルス・ホルゲソン賞、ドイツ青少年文学賞、『炎の秘密』刊行の翌’96年、児童文学における活動全般に対してアストリッド・リンドグレーン賞を受賞。モザンビーク在住
オスターグレン 晴子 (オスターグレン ハルコ)  
1958年生まれ。上智大学大学院中退後、旧西ドイツとスウェーデンに留学。帰国後、新聞社勤務を経て、フリーランスの通訳・翻訳業。’97年よりストックホルム在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)