• 本

昭和史と私

文春文庫

出版社名 文藝春秋
出版年月 2002年1月
ISBNコード 978-4-16-765622-5
4-16-765622-1
税込価格 649円
頁数・縦 354P 16cm

商品内容

要旨

金融恐慌と山東出兵で始まった昭和。マルクス主義が猖獗を極め、自らも心酔した時期。太平洋戦争と応召。戦後、東大紛争当時は全共闘によって173時間、キャンパス内に軟禁されたが、最後まで要求に屈せず、筋を通した。そしてベルリンの壁崩壊と天皇崩御。西洋史家の目を通して活き活きと描かれた同時代史。

目次

昭和の幕開け
南京事件と山東出兵
満州某重大事件と天皇の悲劇
「旧制高校」というもの
マルクス主義に心酔した頃
西洋史との出会いと滝川事件
二・二六事件と昭和天皇の決断
スペイン内乱とシナ事変
東大経済学部の内紛
太平洋戦争と私の召集〔ほか〕

著者紹介

林 健太郎 (ハヤシ ケンタロウ)  
大正2(1913)年1月2日生まれ。歴史学者。東大名誉教授。東京府立第六中学校(現在の都立新宿高校)、第一高等学校を経て、昭和10年東京帝国大学を卒業。その後、一高教授となり、22年東大助教授、29年教授となる。43年東大紛争当時は、文学部長として活躍。48年に東大総長となる。その後、日本育英会会長、国際交流基金理事長、自民党参議院議員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)