• 本

ドイツ兵士の見たニッポン 習志野俘虜収容所1915〜1920

丸善ブックス 094

出版社名 丸善
出版年月 2001年12月
ISBNコード 978-4-621-06094-0
4-621-06094-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 218P 19cm

商品内容

要旨

第一次世界大戦に敗れ、捕虜となって日本の収容所に収容されたドイツ人兵士たちの、五年間にわたる生活と、日本人との交流を、かれらが伝え、残していった文化―ヨーロッパの音楽や、ソーセージなどの製法など―を通して描く。

目次

第1部 習志野俘虜収容所―その忘れられた歴史(日本とドイツ、日本とオーストリア―幕末から大正までの点描
青島の戦い―大正三年
浅草、静岡、福岡、大分への収容
習志野での四年半―大正四年から八年
帰国―大正九年
その後の日々)
第2部 捕虜の日記帳から(クリスティアン・フォーゲルフェンガーの日記から
ヤーコプ・ノイマイヤーの日記から)