• 本

くっすん大黒

文春文庫

出版社名 文藝春秋
出版年月 2002年5月
ISBNコード 978-4-16-765301-9
4-16-765301-X
税込価格 550円
頁数・縦 181P 16cm

商品内容

要旨

三年前、ふと働くのが嫌になって仕事を辞め、毎日酒を飲んでぶらぶらしていたら妻が家を出て行った。誰もいない部屋に転がる不愉快きわまりない金属の大黒、今日こそ捨ててこます―日本にパンクを実在させた町田康が文学の新世紀を切り拓き、作家としても熱狂的な支持を得た鮮烈のデビュー作、待望の文庫化。

おすすめコメント

一生遊んで暮らしたい・・・。大黒様を捨てようとして始まる日常の中の不条理をみごとに描き、毀誉褒貶の嵐を呼んだ問題作!!

著者紹介

町田 康 (マチダ コウ)  
1962年大阪府生まれ。高校時代より町田町蔵の名で音楽活動を始め、81年、パンクバンド「INU」の『メシ喰うな』でレコードデビュー。俳優としても活躍。96年「文学界」に発表した処女小説『くっすん大黒』で97年に第19回野間文芸新人賞、第7回ドゥマゴ文学賞を受賞。2000年『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞、2001年には詩集『土間の四十八滝』で第9回萩原朔太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)