• 本

胎児の複合汚染 子宮内環境をどう守るか

中公新書 1638

出版社名 中央公論新社
出版年月 2002年4月
ISBNコード 978-4-12-101638-6
4-12-101638-6
税込価格 778円
頁数・縦 204P 18cm

商品内容

要旨

環境ホルモンの野生動物への影響が話題となって久しいが、今や、子宮内の胎児までもが複数の環境ホルモンに汚染されていることが、著者らの研究からわかってきた。アメリカでは近年、ある種の先天異常の発生率が上昇しており、その原因として複合汚染が考えられている。本書は環境ホルモンのヒト、とくに胎児への汚染の実態を明らかにし、次世代に取り返しのつかぬ影響を与えないための環境予防医学を提唱する。

目次

第1章 次世代に対する責任と義務
第2章 広がる化学物質汚染
第3章 新しい化学物質汚染としての環境ホルモン問題
第4章 野生動物への複合曝露影響―ヒトへの影響の前兆
第5章 ヒトへの影響
第6章 子宮内環境への影響
第7章 微量化学物質汚染への対応策
第8章 胎児を基準にした環境予防医学

出版社
商品紹介

日本の胎児が環境ホルモンを含めた微量化学物質に汚染されていることを明らかにし、その対策を提言。

著者紹介

森 千里 (モリ チサト)  
1960年(昭和35年)2月8日、札幌に生まれる。1984年、旭川医科大学医学部卒業。京都大学助手(医学部解剖学第3講座)、米国国立環境健康科学研究所/米国国立衛生研究所(NIEHS/NIH)Visiting Associate、京都大学助教授(大学院医学研究科生体構造医学講座)を経て、2000年より千葉大学医学部教授。2001年より千葉大学大学院医学研究院環境生命医学教授、現在に至る。医学博士(京都大)。専攻:発生学、環境生命医学、解剖学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)