• 本

方言・アクセントの謎を追って

出版社名 悠飛社
出版年月 2002年4月
ISBNコード 978-4-86030-007-4
4-86030-007-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 182P 19cm

商品内容

目次

第1章 方言(隣町に入ったとたん、言葉がちがう
一つの小学校に二つのアクセント ほか)
第2章 学者(柳田国男さんに学ぶ、民族学的手法
身近にいた先生、寺田泰政さん ほか)
第3章 両立(家業と共に―プロパンガス三十年
飛び込み調査 ほか)
第4章 博士論文(私に「博士」は似合わない
新居町のアクセントは特殊な小数派 ほか)

出版社
商品紹介

独自に方言のアクセント研究を続け、有名学者たちを相手に持説の正当性を訴えてきた著者の信念の軌跡。

著者紹介

山口 幸洋 (ヤマグチ コウヨウ)  
昭和11年静岡県新居町生まれ。昭和29年浜松商業高校卒業後、家業従事の傍ら、全国の方言を研究。昭和60年新村出賞受賞。平成4年静岡大学人文学部講師、平成10年教授で退官。平成11年、大阪大学より文学博士授与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)