• 本

ビール職人、美味いビールを語る

光文社新書 043

出版社名 光文社
出版年月 2002年5月
ISBNコード 978-4-334-03143-5
4-334-03143-9
税込価格 748円
頁数・縦 205P 18cm

商品内容

要旨

「五〇年近くビールをつくってきて、いまだにビールというのは難しい酒だと、本当にそう思います」ビール職人・山田一巳はキリンビール在職中、『ハートランド』『一番搾り』など数々の名品を世に送り出してきた。定年退職後、理想のビールづくりを求め、八ヶ岳山麓にある地ビール工房の醸造長に就任した「達人」が語る“美味い”ビール、そして、ものづくりの“原点”と“極意”。

目次

序章 ビールの達人
第1章 ビールと対話する時間
第2章 会社は現場の職人が支えている
第3章 大企業の中の小さな工房
第4章 偉大すぎた『ラガー』
第5章 「平成ドライ戦争」の舞台裏
第6章 社運をかけた『一番搾り』の開発
第7章 ビールは人にしかつくれない
第8章 夢をつくりに清里へ
終章 熟成していく時間

おすすめコメント

キリンビールで「一番搾り」などの名品を世に送り出し、現在清里で理想のビール作りを追求する職人が語る“おいしいビール”とは?ものづくりの極意とは?

著者紹介

山田 一巳 (ヤマダ カズミ)  
1936年神奈川県生まれ。キリンビール技術開発部門の中枢で、『ハートランド』『一番搾り』など、数々のヒット商品の開発に携わる。退職後、「萌木の村・八ヶ岳ブルーワリー」の醸造長に就任。ビール職人を続けている
古瀬 和谷 (フルセ カズヤ)  
1975年神奈川県生まれ。ノンフィクション・ライター。東京学芸大学卒業後、編集プロダクション勤務を経て独立。ビジネス誌を中心に活動する傍ら、きき酒師、ビアテイスターの資格を持ち、酒類関係の執筆も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)