• 本

少年Mのイムジン河

出版社名 木楽舎
出版年月 2002年6月
ISBNコード 978-4-907818-22-7
4-907818-22-X
税込価格 1,047円
頁数・縦 71P 20cm

商品内容

要旨

あの幻の名曲の「生みの親」がいま明かす、封印された物語。ザ・フォーク・クルセダーズ「イムジン河」はこうしてアジアの「イマジン」になった。

目次

「イムジン河」は国境を越え日本人の歌になった(加藤和彦)
「イムジン河」が聴こえる(きたやまおさむ)
少年Mのイムジン河
「イムジン河」がもっとよくわかる言葉のヒント

おすすめコメント

「イムジン河」はこうして、アジアの「イマジン」になった!!あの幻の名曲の「生みの親」がいま明かす、封印された物語。

著者紹介

松山 猛 (マツヤマ タケシ)  
1946年京都生まれ。京都にてグラフィックデザイナーを経た後、「帰ってきたヨッパライ」(ザ・フォーク・クルセダーズ)、「黒船」(サディスティック・ミカ・バンド)などの作詞を手がける。その後、編集者、執筆者として「平凡パンチ」、「ブルータス」、「ポパイ」などの雑誌で活躍、世界各国を精力的に取材する。現在、“地球と人をながもちさせるエコ・マガジン”「ソトコト」では「スローライフ」を提案する。時計、ファッション、グルメなど、あらゆるジャンルに精通し、豊富な知識と独自の審美眼で松山ワールドを展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)