• 本

災害ドクター、世界を行く! 国境を越えた「緊急医療援助」17年間の奮闘記

出版社名 東京新聞出版局
出版年月 2002年6月
ISBNコード 978-4-8083-0765-3
4-8083-0765-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

アフガン内戦、湾岸戦争、メキシコ・インド大地震―日本における「国際緊急援助隊」の第一号となった医師が、大災害に見舞われた世界各地の人びとと向かい合い、その救助活動に尽力した十七年間の汗と涙の体験記。

目次

第1章 アフガン戦傷外科病院
第2章 ヒンズークシュの青い空
第3章 エベレスト南西壁
第4章 国際緊急援助隊
第5章 湾岸戦争
第6章 阪神淡路大震災
第7章 バングラデシュ竜巻災害
第8章 インド西部地震
第9章 遥かなるアフガン

著者紹介

金田 正樹 (カネダ マサキ)  
1946年、秋田県生まれ。1971年、岩手医科大学卒業。秋田大、関東逓信病院、聖マリアンナ医科大東横病院整形外科を経て、現在は向島リハビリクリニックセンター長。1983年、国際緊急援助隊の第一号医師となり、1985年のメキシコ地震を皮切りに、世界各地の災害援助に尽力している。国際緊急援助隊支援委員、文部科学省登山研修所専門調査員、日本集団災害医学会評議委員、NGO・HuMA理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)