• 本

ゾウの耳はなぜ大きい? 「代謝エンジン」で読み解く生命の秩序と多様性

出版社名 早川書房
出版年月 2002年7月
ISBNコード 978-4-15-208432-3
4-15-208432-4
税込価格 2,420円
頁数・縦 287P 20cm

商品内容

要旨

灼熱のサバンナで暮らすアフリカゾウ。彼らの耳はなぜあのように巨大なのか?どうしてニワトリの脚は赤いのか?ヘビのような形をした哺乳類がいない理由は?なぜ酷暑の砂漠でラクダは分厚い毛皮をまとっているのか?恐竜=温血動物説は立証できるか?気が遠くなるほどの時間をかけて進化がつくりだした生物の世界は、途方もない多様性と驚きに満たされている。果たしてそれらを一貫して説明できる原理はあるのか?あるとすればそれはどのようなものなのか?著者レイヴァーズは、数々の化石証拠や奇妙な現生動物たちに材を取り、彼らの形状や大きさ、その暮らしぶりにまつわる謎に迫ってゆく。この探究において中心的役割を果たすのが、生命活動に不可欠なエネルギー生成と熱処理を担う「代謝エンジン」の原理だ。一見したところ複雑きわまりない生物や進化のありようも、「代謝エンジン」の観点から眺めれば、驚くほど明瞭なかたちをとることになるのだ―古生物学、進化生物学、生態学をはじめとして、関連する諸分野を意欲的に横断。多数のイラストを交えた実例と、わかりやすくも高度な議論で巧みに織り上げた、斬新かつ面白く読める最良の入門書。

目次

1 ゾウの耳はなぜ大きい
2 生命の道
3 ぬくもりを求めて
4 恐竜は冷血か温血か
5 世界の果てで生きる
6 ドラゴンの楽園
7 大地の動脈
8 翼を手にして
9 歴史が鳴らすふたつの警鐘

おすすめコメント

ゾウもヒトも持っている「代謝エンジン」とは?エネルギー生成と熱処理を司るその仕組みを徹底解剖。核心をつく疑問から自然界の全体像を鮮やかに描き出す!

著者紹介

レイヴァーズ,クリス (レイヴァーズ,クリス)   Lavers,Chris
1965年ロンドン生まれ。リヴァプール大学で研究助手を務めたのち、ノッティンガム大学で野生動物の生態にかんする研究によって博士号を取得。現在は同大学地理学部講師。動物生態学および生物地理学を専門とし、「ガーディアン」「ニュー・ステイツマン」をはじめとして、各紙誌に寄稿するなど執筆活動の幅も広い
斉藤 隆央 (サイトウ タカオ)  
1967年生まれ。東京大学工学部工業化学科卒業。科学書を中心に翻訳に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)